HOME > ホビー > ミニチュアモデラー

ミニチュアモデラー

ミニチュアモデラー

この写真は横浜ホットロッドカスタムショー 2002にエントリーされていた、ハンドメイドによるメルズ・ドライブインのジオラマです。ミニカーやフィギュアは既製品ですが、ネオンチューブサインが点滅する上、カーホップトレイに乗せてディスプレイするという遊び心に、思わず見入ってしまった作品でした。(photo by MAL)

ミニチュアモデラー

日本にはこうしたミニチュアの世界で活躍する人が多く、アメグラのプラモデルではSHUさんの1:25スケールの作品が世界的に有名です。»参照

彼の作品の影響で、レベルから1:25フィギュア付きダイキャストがリリースされたのでは?という噂もあるほどなのです。このページでは、そんなSHUさんの作品をご紹介いたします。

目次

1932フォード・デュース・クーペ

Photo by SHU
Photo by SHU

ビデオ(LD)や当時まだ入手が難しかった洋書などの資料を元に制作され、世界中のモデラーを震撼させた驚異の作品。キャブレターのリンケージまで再現されたモーター周辺のディテールは圧巻です。ジョン・ミルナーのフィギュアもハンドメイドによるもので、ジーンズの質感もリアルなヒゲ落ちが施されています。

以下に1:25スケールのレベル製ダイキャストと比較した最新画像を掲載しましたのでご覧下さい。尚、ミルナーのフィギュアは第二弾。

Photo by SHUPhoto by SHUPhoto by SHUPhoto by SHU
  • 完成年:1995年
  • ベース:American Graffiti(mpc)
    • ボディ,グリルシェルとヘダースのみベースとして使用
    • エンジン、ミッション(amt)BLUEPRINTER 283Chevy
    • ホイール/リアタイヤ(JO-Han '64Doge)
  • 改造箇所
    • グリルインサート:インセクトピン
    • シャーシ:アフターマーケット(R&D)をベース
    • スクラッチパーツ多数
    • ピストンシフトノブ:アルミ棒削り出し
  • 掲載誌
    • PLASTIC Fanatic(Final!?)
    • Cal magazine(1996-7)
    • model cars 35 (1997-8)
    • Fine Scale Modeler(Nov 1999)
    • Scale Auto Enthusiast(Dec 1999)

参考資料

参考資料

ミルナーズクーペを作る為に集めた資料!
いろんな人にお世話になりました。
ケンクラフトの高石さん、デュースファクトリーの笠井さん。
後に私の模型の記事を書いたMr.Roy。 (Roy R. Sorenson)

今回の画像は全てRoyが(!?)公開していた画像。
元は私が送った写真です。

(Photo & Text by SHU)

掲載誌

掲載誌

模型の記事として取り上げていただいた出版物
model carsの解説はなんとロッダースジャーナルでも有名なパットガナール氏!
共作に、あの中沢ヨシオ氏、私の50’s趣味の師匠テリー保原こと保原義浩氏、そしてネコの鵜飼氏という贅沢な組み合わせ!
思い出の1冊です。

(Photo & Text by SHU)

1958シボレー・インパラ

Photo by SHU
Photo by SHU

まるで実車と見紛うハイレベルな完成度はどうだ。神業のようなフェードライン、タックアンドロールのインテリアからダイスまで、憎らしいほど再現されている。こうしたアイデアが後にリリースされるERTLの1:18ダイキャストにも継承されたのであろうと想像できる。テリーのフィギュアに至っては、表情もポーズもどの角度から見ても彼以外の何者でもない。

Photo by SHUPhoto by SHUPhoto by SHUPhoto by SHU
※デビーのフィギュアだけは市販のレベルの[3169]になります。
  • 完成年:1996年
  • ベース:ボディ、シャーシ、インテリア(amt)
    • ホイール/タイヤ(JO-Han '64Doge)
    • レジン複製
  • 改造箇所
    • ボディ:スムージング
    • シャーシ:ヒップアップ
    • インテリア:タック&ロール、ダイス
    • '59キャデテール
  • 掲載誌
    • Calmagazine(1997-12)
    • Scale Auto Enthusiast(Dec 1999)

1951マーキュリー

Photo by SHU
Photo by SHU

実はこのマーキュリーは1949年型です。リアクォーター周りの延長という実車でも稀に存在するカスタムが施され、テールレンズ、リアウィンドウまでも'51仕様に造り換えてしまうというコダワリがたまらない。そして何より、ファラオ団の3人の表情がリアルすぎて唖然としてしまう。

Photo by SHU
Photo by MAL

地震によりカルロスのフィギュアの足が折れるという災難を乗り越え、2007年のホットロッドカスタムショーにエントリーしてくれました。完成から10年経てもゴッドハンドとしか言わざるを得ないテクニックとクオリティの高さに、みな足を止め息を呑んでいる光景が記憶に新しい。

Photo by SHUPhoto by SHUPhoto by SHUPhoto by SHU
  • 完成年:1997年
  • ベース:ボディ、シャーシ、インテリア、タイア(amt 1949 Marc)
    • レジンアフターマーケット(ハブキャップ)
  • 改造箇所
    • ボディ:’49を’51へ
    • リアウィンドウ、フェンダー、テール等
    • ダッシュボード
    • バンパースクラッチ
    • チョップドルーフ、スムージング等
    • エンジェルヘアー(耳掻きの凡天)
  • 掲載誌
    • Calmagazine(1998-12)
    • Scale Auto Enthusiast(Dec 1999)

リアクォーター改造

リアクォーター改造

①51年式の実写の写真などをじっくり見ながらカット
②リアフェンダーの頂点が来るべきであろうラインに切込みを入れる。
③リアフェンダー(テールフィン!?)の頂点で描いたプラ板を上記切込みラインに挿入。あとは頂点に沿ってのパテ盛り。

(Photo & Text by SHU)

リアクォーター改造

ノーマルの51年式を製作。 その後チョップ等のカスタムを施す。

(Photo & Text by SHU)

1955シボレー・150

Photo by SHU
Photo by SHU

第4弾はファルファの'55シェビー、コヤシ車の登場。チルトカウルを開けエンジンルームを晒すシーンは劇中では描写されていない。この作品が製作された当時、日本のほとんどの人がこの事実を知らなかったはずだ。この辺もアメグラ情報通のSHUさんならではだろう。

Photo by SHUPhoto by SHUPhoto by SHUPhoto by SHU
Photo by MAL

2007年のホットロッドカスタムショーに持ち込まれたが、1:25スケールという虫眼鏡で観察したくなるようなサイズに搭載されたビッグブロックのディテールへのコダワリも、日頃ホットロッドに乗るSHUさんだからこそ成し得た匠を感じた。

  • 完成年:1999年
  • ベース:ボディ、シャーシ、インテリア(amt)
    • エンジン、ミッション(MONOGRAM)OWENS Corvette L-88
    • ホイール/タイヤ(JO-Han '64Doge)
    • レジン複製
  • 改造箇所
    • ボディ:Bell-Airを150へ
    • チルト、リアフェンダー
    • シャーシ:フロントスクウェアーフレーム、ドロップアクスルetc
    • ディスクブレーキ、フロントショク以外はスクラッチ
    • インテリア:シートパターン、ロールバー、トノカバー
    • スカルアクセサリーはプラ棒からの削り出しパテ補修
  • 掲載誌
    • Calmagazine(2000-1)
    • model cars 52 (2000-6)
    • Scale Auto Enthusiast(Dec 1999)

フルキャスト・ギャラリー

Photo by SHUPhoto by SHUPhoto by SHUPhoto by SHU

35周年祭@H.C.S

2008年12月7日に催された横浜ホットロッドカスタムショー2008のModel Carブースに、これらSHUさんの全作品及び製作中の'58エドセルがエントリーされ、密かに「アメグラ35周年」を祝して披露されていました。(Photo by MAL)

横浜ホットロッドカスタムショー2008横浜ホットロッドカスタムショー2008横浜ホットロッドカスタムショー2008
横浜ホットロッドカスタムショー2008横浜ホットロッドカスタムショー2008横浜ホットロッドカスタムショー2008
ページのトップへ

トップ 編集凍結差分バックアップ添付複製名前変更リロード 新規一覧単語検索最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-11 (水) 01:28:01